2019年6月21日公開の「ザ・ファブル」のDVD情報をご紹介します。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

【追記】

DVDのレンタル&発売日が2019年12月25日(木)に決定しました。

ザ・ファブル【DVD】 【DVD】

created by Rinker
¥3,588 (2019/12/15 16:52:46時点 楽天市場調べ-詳細)

「ザ・ファブル」の配給元は松竹です。

松竹の作品がDVD化されるまでの日程はこれまでの傾向からすると、半年前後となっています。

映画の公開日が2019年6月21日公開ですので早くて2019年12月〜2020年1月付近にDVD化される見込みです。

こちらの正式な日程は後日、改めて記載致します。

スポンサードリンク

ザ・ファブルのあらすじ

とある町に引っ越してきた一組の男女。

彼らの職業はプロの殺し屋。

男性は、ファブルと呼ばれており、どんな相手も6秒で消すと裏社会でも恐れられている人物です。

女性の名はヨウコといい、ファブルの相棒として行動を共にしていました。

ある日、ファブルとヨウコは、ボスから一年間殺し屋を休業するよう命じられます。

知らない土地で普通に生きることを経験させ、学ばせるというボスの考えでした。

『プロの殺し屋として一般人にとけこむ…面白そうだな』と呟くファブルに、すかさずボスがこう告げます。

『休業中の間に誰かを殺したら、俺がお前を殺すー』と。

初めて一般人として生活を始めるファブルとヨウコ。

ファブルは佐藤アキラという偽名で大阪に引っ越し、インコを飼い、テレビでお笑いを見て笑ったりしながら、表社会の生活を楽しみます。

ケンカを売られても、弱いフリをして殴られたり、痛がっているフリをして、ごく普通の一般人のように振る舞うファブル。

殴られて血を流しているファブルに、心の優しい一人の女性がハンカチを差し出してくれました。

彼女の名は「ミサキ」。

そしてファブルは、絵が描けないにも関わらず、ミサキが働くデザイン会社で時給800円のアルバイトとして働くことになります。

ミサキはファブルとヨウコに一般人としての生活を教え、世話をしてくれました。

何事もなく、初めての一般人の生活を過ごすファブルとヨウコ。

ところがある日、ミサキは何者かに金銭目的のため誘拐されてしまいます。

『ミサキちゃんには世話になった。助けるのが普通や。』

しかし、殺し屋家業の休業中に誰かを殺せば、自分がボスに殺されてしまうー。

誰も殺すことなく、悪の集団からミサキを救出する高難易度のミッションを強いられる二人。

ハッピーな笑いと世界基準のアクション満載の見逃せない痛快ストーリーの開幕です。

ザ・ファブルの注目ポイント

スポンサードリンク

原作を知らなかった筆者は、タイトルの響きから、勝手に洋画だと思っていました。

実は週刊ヤングマガジンに掲載されている、日本のコミックを実写化した、れっきとした邦画でした。

原作は南勝久さんが描かれた同名作品で、第41回ちばてつや賞の準大賞や講談社漫画賞の一般部門も受賞している人気コミック。

早速筆者も読んでみました。

裏社会から表社会へ…という、影と光のような正反対の世界をコメディ&シリアス×アクションで描いています。

6秒でどんな人でも殺すという腕前の、殺し屋ファブルを演じるのは「永遠の0」「海賊と呼ばれた男」「天地明察」など、多くの作品で主演を務めた岡田准一さん。

彼は映画「図書館戦争」でも、見事なアクションを披露してくれました。

ファブルの相棒であるヨウコ役を演じるのは、CMやテレビで見ない日は無いほどの売れっ子女優、木村文乃さん。

キーとなるミサキ役は、東京スーパーモデルコンテスト初代優勝者の山本美月さんが演じます。

脇を固めるのは、佐藤二朗さんや、安田顕さん、光石研さんなどの名バイプレーヤー。

その他、「図書館戦争」では味方同士だった田中圭さんが、今作では敵役として登場します。

また、ファブルが好む、お笑い芸人「ジャッカル富岡」を演じる宮川大輔さんにも注目です。

多くのファンがいる原作ファブルの世界観を作りだす監督は、CMディレクター・映像監督で名を馳せる江口カン監督。

その江口監督とタッグを組む脚本家は、「20世紀少年」「GANTZ」「進撃の巨人」などでも活躍した渡辺雄介さんです。

これだけでも十分豪華な面々なのですが、映画をより盛り上げる主題歌には、何とレディ・ガガの「ボーン・ディス・ウェイ」が使われています。

現段階では、主役である岡田准一さんが所属する「V6」の新曲が出るかどうかは発表されていません。

もし新曲が発表されて、挿入歌やエンドロールで使われたら、レディ・ガガの代表曲であるボーン・ディス・ウェイと、V6の新曲が楽しめることになります。

これは見逃せない、期待の大作ですね。

豪華メンバー・見所満載の痛快アクションコメディーです。

スポンサードリンク