2019年10月11日公開の映画「空の青さを知る人よ」のDVD情報をご紹介します。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

本作の配給元は東宝です。

東宝配給の作品がDVD化されるまでの日程はこれまでの傾向からすると6ヶ月前後となっております。

映画の公開が2019年10月11日ですので、2020年4月頃にDVD化される見込みです。

こちらの詳細な日程に関しましては後ほどご紹介致します。

空の青さを知る人よのあらすじ

若くして両親を失い、とある田舎で肩を寄せ合い暮らす姉妹。

妹は音楽が好きな17歳の女子高生・あおい。

受験を控えていながら勉強もせず、暇さえあればベースばかり弾いている女の子です。

そんなあおいの親代わりとして、あおいを見守る姉・あかね。

あかねは、高校三年生のとき、当時恋人であった金室慎之介とともに上京する予定でした。

ところが、両親が事故に遭い亡くなってしまったため、あかねは上京を諦め、地元に就職してあおいと暮らすことを決意します。

あおいはそんな姉にずっと負い目を感じていました。

妹を育てるために恋愛もせず、さまざまなことを諦めて生きてきた姉。

自分のせいで姉の人生から自由を奪ってしまった…と。

ある日、町で開催される音楽祭に大物歌手・新渡戸団吉がゲスト出演することが決まりました。

そしてそのバックミュージシャンとして発表された名前は、何と、あかねのかつての恋人「しんの」こと、金室慎之介でした。

この発表に驚き戸惑う、あおいとあかね。

ところがその直後、姉妹の身に不思議なことが起こります。

二人の前に、二人の「しんの」が現れたのです!

一人は東京から地元に戻ってきた、成長した姿の「しんの」。

もうひとりは、13年前の高校生姿の赤毛の「しんの」でした。

高校生のしんのは、かつて姉の恋人で、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた憧れの人でもありました。

姉妹の前に現れたそれぞれの「しんの」は、二人に新たな感情を芽生えさせました。

あおいの憧れはやがて恋心に代わり、ずっとしんのと一緒にいたいと思うようになります。

しかし、姉への負い目もあり、あおいはこの恋心に悩み苦しみます。

「私はしんのが好きだけど、あかねも大好きなんだ!」

何故、あおいの前に13年前の姿のしんのが現れたのかも分からない状況の中、このままではしんのが居なくなってしまうことが発覚します。

どうすれば大好きな人たちと居続けられるのか。

謎多き状態の中で呟いた「井の中の蛙、大海を知らず。されど空の青さを知る」の真の意味とは?

過去と現在の恋をつなぐ、切なくて不思議な二度目の初恋を、ぜひ劇場で体感してください。

空の青さを知る人よの注目ポイント

スポンサードリンク

時として人は、自分が望んでいる通りの人生にコマを進められないことがあります。

今作品は、両親を不慮の事故で亡くし、思い描いていた人生にコマを進められなくなった姉妹が、さらに予期せぬ人生へとコマを進める物語です。

監督は、『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』や『心が叫びたがってるんだ。』の長井龍雪監督。

『あの花』・『ここさけ』の愛称で親しまれている過去作にちなみ、今作は『空青』と呼ばれるようです。

多感な思春期真っ只中で、突然訪れた恋心に奔走される、相生あおいの声は若山詩音さんが担当しています。

現在21歳の若山さんですが、劇団ひまわりに所属し、子どもの頃から演じていたこともあり、女子高生役でも全く違和感を感じさせない見事な演技を披露しています。

運命によって恋人と引き裂かれ、人生を半ば諦めてしまった姉・あかね役は、女優の吉岡里帆さんが演じます。

こちらは物静かで、どこか悟ったような大人の女性で、あおいとは対照的。

ドラマで演じる、元気ハツラツとした吉岡さんの違った一面が見られます。

そして、成長した慎之介と、13年前の姿をした慎之介の役は、吉沢亮さんが二役を兼ねています。

大人の男性であるしんのと、男子高校生であるしんのを演じ分けている吉沢さんにご注目ください。

また、音楽祭のゲストとして登場する大物歌手・新渡戸団吉役は、実際の大物俳優である松平健さんが演じます。

松平健さんはマツケンサンバなど、歌手としても有名でハマリ役ですね。

注目の主題歌は、今人気絶頂のあいみょんが担当。

タイトルは映画と同名の「空の青さを知る人よ」です。

あいみょんの澄んだ声と美しい歌詞が、空青の世界を見事にマッチし、見る人の心に沁み入ります。

スポンサードリンク