2019年12月20日公開の映画「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」のDVD情報をご紹介いたします。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

本作の配給元はディズニーです。

ディズニー配給の作品がDVD化されるまでの日程はこれまでの傾向からするとおおよそ4ヶ月前後となっております。

映画の公開が2019年12月20日ですから2020年4月〜5月付近にDVD化される見込みです。

こちらの詳細な日程に関しましては後ほどご紹介致します。

スポンサードリンク

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明けのあらすじ


荒野に一人佇み、呼吸を整える端正な顔立ちの女性。

彼女の名はレイ。

レイはおもむろに、腰に装備した武器を手に取ります。

彼女の心の中に響く男性の声。

「我々はすべてを伝えた。はるかな歴史が君の中にー」

その声が、「だが、これは君の戦いだ」と告げた刹那、彼女の目の前を猛スピードで何かが駆け抜け、彼女は武器を起動します。

フォースの加護がなくては、最大限の能力を発揮することができないと言われる神聖な武器ライトセーバーを。

レイは、ライトセーバーを扱うことができる、スカイウォーカー家の血を引き継ぐ者だったのです。

彼女の先祖であるアナキン・スカイウォーカーや、ルーク・スカイウォーカーも、過去にライトセーバーを駆使し、ダークサイドと激しい戦いを続けてきました。

レイは惑星ジャグーで、幼少の頃に別れた家族との再会を夢見ながら独りで暮らしていましたが、ファースト・オーダーと呼ばれる銀河帝国残党に襲われジャグーを脱出しました。

そして、ファースト・オーダーのカイロ・レンから、「両親はジャグーでガラクタを回収して生計を立てていた夫婦だ」と聞き、肩を落とします。

なぜなら、フォースを使うことができる自分は、もしかすると特別な人の子どもなのではないかと密かな期待を抱いていたからです。

しかし、果たしてそれは事実なのか?

闇の中から聞こえる、不敵な笑い声。

その声は、最後のシスの暗黒卿ダース・シディアスの声のように聞こえー。

長い歴史を経て、この冬、スカイウォーカー家の物語の全貌が明らかに!!

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明けの注目ポイント

スポンサードリンク

1977年、エピソード4から始まったスターウォーズシリーズ。

今作は、エピソード9に位置づけられ、レイを主人公とする3部作の完結編でもあります。

ただし、監督を務めるJ・J・エーブラムズは、「本作は3部作の終わりではなく、スカイウォーカー家の物語の完結編です」と述べています。

スターウォーズシリーズは、壮大な世界観を持つ物語で、昭和・平成・令和と制作が続く、稀有な作品です。

スターウォーズの存在は知っているけれど、ストーリーが分からない、どの作品から見ればいいのか分からないという人も多くいます。

ファン待望のスターウォーズ最新作ですが、初めてスターウォーズ作品をご覧になる方は、ぜひ過去作を見るか、ざっくりと世界観や登場人物を把握してから見ることをおすすめします。

その理由は、物語の舞台が「遠い昔の遥か彼方の銀河系」であることと、フォースやジェダイ、ライトセーバー、シスなど、スターウォーズならではの用語が多く用いられるためです。

所見でもストーリーは楽しめますが、登場人物や過去の経緯、用語などを知ってから見るとより理解が深まり、ストーリー展開にハラハラ・ドキドキできます。

もちろん、今作を最初に観賞してから過去作を見て、もう一度今作を見るという方法もおすすめです。

見る順番も人それぞれですが、公開順をご紹介すると、まず、エピソード4・5・6が旧3部作で、ルーク・スカイウォーカーを主人公とするシリーズです。

次にエピソード1・2・3の新3部作が、アナキン・スカイウォーカーを主人公とするシリーズです。

その後、エピソード7・8と続き、今作のエピソード9を含む続3部作が、レイを主人公とするシリーズです。

スターウォーズは全世界に非常に多くのファンを持つ作品で、知識もコアなファンには敵いません。

まずは1作品をぜひ劇場でご覧いただき、スターウォーズの迫力と世界観、なぜ多くのファンがいるのかをお確かめください。

スポンサードリンク