2019年2月22日公開の映画「サムライマラソン」のDVD情報をご紹介いたします。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

「サムライマラソン」の配給元はギャガです。

ギャガ配給の作品がDVD化されるまでの期間は映画公開からおよそ半年となっています。

「サムライマラソン」の公開日は2019年2月22日公開ですから、早くて2019年8月下旬〜9月上旬頃にはDVD化されそうです。

こちらの詳細な日程に関しましてはまた後ほど記載致します。

スポンサードリンク

サムライマラソンのあらすじ

外国の脅威が迫る幕末、安中藩主・板倉勝明は自らの藩主たちに心と身体を鍛錬させるため、安政遠足を行わせることにします。

約58キロの山道を走り抜き、勝ち残った者にはなんでも望みを叶えられるという大会に、様々な思いを持った侍たちが次々に参加の意を表明します。

その中には褒美に姫を貰おうと考える野心家な者や、父に反発して男に扮し遠足に参加しようとする雪姫、侍に憧れる俊足の足をもつ足軽などの姿がありました。

しかし、ただの遠足大会のはずが、行き違いが生じたことでこの大会が幕府への反逆とみなされることになります。

それにより藩士不在の安中藩に幕府から刺客が送り込まれてきてしまい、遠足中の侍たちも次々に襲われ命を落とすことになりました。

この事態に安中藩に幕府のスパイとして入り込んでいた忍びの唐沢甚内はいち早く状況を察知し、幕府の命に背いて仲間を助けるために動き始めます。

果たして、唐沢や侍たちは幕府から安中藩を守り、生き残ることができるのでしょうか!?

本作は現在の群馬県にある上野国に実在した安中藩で、160年以上に渡り語り継がれている安政遠足の史実をもとに執筆された土橋章宏の小説「幕末まらそん侍」を原作に製作された映画です。

「行きはマラソン、帰りは戦」というキャッチコピーの通り、厳しい山道を争いながらも必死で走り抜けていくシーンと、剣を抜き仲間と団結しながら戦う侍たちの姿が印象的に描かれています。

尚、イギリス人の監督を迎えて製作された本作は日本だけでなく世界中の人たちに楽しんでもらえる侍映画として注目を集めています。

同作は日本オリンピックの開幕に向けて実施される「東京2010参画プログラム」にも認証されました。

日本のマラソン大会の発祥とも言われる史実を物語の土台に、仲間との絆や愛をテーマした作品です。

サムライマラソンの注目ポイント

スポンサードリンク

本作でメガホンを取ったのは「キャンディマン」「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」を世に送り出したイギリス出身の監督バーナード・ローズが務めています。

バーナード・ローズはもともとはミュージックビデオの監督を経て「マネー・ウォーズ」で映画監督デビューを果たした方で、「キャンディマン」ではカルト的人気を誇る作品として知られています。

また企画・プロデュースを担当したのは「ラストエンペラー」のジェレミー・トーマスと「おくりびと」の中沢敏明が共同で行いました。

ジェレミー・トーマスと中沢敏明の2人は2010年に侍映画「十三人の刺客」でもタグを組んで製作したことから公開前からかなりの注目を集めています。

またジェレミー・トーマスは本作に出演した俳優たちを絶賛し、完成した作品に大きな自信と期待を持っていることをインタビューでも語っています。

ではここで、その大絶賛された出演俳優のご紹介もしたいと思います。

幕府からのスパイとして安中藩に入り込んでいた主人公・唐沢甚内役を「バクマン。」や「るろうに剣心」でも大活躍の知らない人はいない若手俳優・佐藤健が演じています。

今回は忍び役ということですが、剣を使ったアクションは「るろうに剣心」でお馴染みの佐藤健さんですから安心して見ることができそうです。

そして藩主である父親に反発して男に扮し遠足に参加する雪姫役には映画「渇き。」で二面性のある女子高校生役を演じて話題になった小松菜奈が抜擢されました。

他にも物語を盛り上げてくれる侍役には「怒り」でアカデミー賞・優秀助演男優賞を獲得した森本未來や、日中合作映画「空海-KU-KAI-」で主人公・空海役を演じた染谷将太が出演しています。

日本に残る史実をもとに愛と仲間との絆が描かれた作品です。

スポンサードリンク