2018年10月5日公開の映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」のDVD情報をご紹介いたします。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

【追記】

DVDのレンタル開始・発売日が2019年4月3日(水)に決定しました。

【先着特典】パーフェクトワールド 君といる奇跡 豪華版(初回限定生産)(ミニクリアファイル付き)【Blu-ray】 [ 岩田剛典 ]

created by Rinker
¥7,106 (2019/12/09 18:23:58時点 楽天市場調べ-詳細)

「パーフェクトワールド 君といる奇跡」の配給元は松竹です。

松竹の作品がDVD化されるまでの期間はこれまでの傾向だと、半年前後となっています。

映画の公開日が2018年10月5日公開ですので早くて2019年4月、遅くとも2019年5月にはDVD化される見込みです。

こちらの正式な日程は公式サイトで発表され次第、改めて記載致します。

スポンサードリンク

動画配信や宅配レンタル

動画配信 宅配レンタル
U-NEXT
ビデオマーケット
FOD
TSUTAYA
GEO

※2019年1月17日時点の情報です。最新の状況は公式サイトにてご確認下さい。

パーフェクトワールドのあらすじ

インテリアデザイン会社に勤める川奈つぐみは取引先の建築会社との飲み会で初恋の人だった鮎川樹と再会します。

一級建築士になる夢を叶えていた樹にあらためて好意を感じるつぐみでしたが、樹が大学3年生のときの事故で車椅子生活になっている事実を知ると、反射的に一歩引いてしました。

しかしそれからも仕事で、度々、樹と接しているうちに、かわらない誠実さと笑顔につぐみは募らせる想いを自覚せずにはいられなくなります。

ある日、大事なコンペの前に体調を崩してしまった樹は、高熱と嘔吐に苦しみながらも病室でコンペの準備を続けていました。

つぐみはそんな樹を心配しますが「いつ死ぬかわからないから、今やらなきゃいけないんだ」と言う樹をみてつぐみは彼を支えていこうと決意します。

しかし、二人には超えなければならない困難が幾重にも待ち構えているのでした。

本作は漫画家・有賀リエの「パーフェクトワールド」を原作に製作された作品ですが、

「障がいを持つ相手との恋愛に感じるハードル」をテーマに有賀リエ本人が取材に出向き、障がいを持ちながら生活をする人の大変さや、

その周囲で支える人たちの苦労などを実際に聞いて描かれたものなので、とてもリアルに障がい者の抱える問題を映し出す作品として高い評価を得ています。

覚悟を決めるのにも、かなりの勇気が必要だと思いますが、車椅子の生活に生じる様々な問題と、

彼らが注意しなければならない幻肢痛、ひどい褥瘡(じょくそう・床ずれ)などの病気も含めつぐみの背負うものはさすがに大きすぎて彼女の親なら不安になることでしょう。

障がいを負うもの、支えるものを描きながら、等身大の主人公たちがどんな決断をしていくのか、切なくも力強いラブストーリーになっています。

パーフェクトワールド 君といる奇跡の注目ポイント

スポンサードリンク

メガホンをとったのは2015年公開映画「流れ星が消えないうちに」や2010年公開映画「ハローグッバイ」の柴山健次監督です。

脚本は2006年第19回フジテレビヤングシナリオ大賞佳作に輝き、2007年公開映画「本日の猫事情」で脚本家デビューを果たした鹿目けい子が担当しています。

本作は岩田剛典と杉咲花のダブル主演作品で製作されていますので主役の二人についても紹介しないわけにいきません。

車椅子の生活を余儀なくされながら、懸命に生きる姿が見るものの感動を呼ぶ主人公・鮎川樹役にEXILEのメンバーで俳優業でも活躍している岩田剛典が好演しています。

岩田剛典は2018年放送ドラマ「崖っぷちホテル!」、2018年公開映画「去年の冬、きみと別れ」など、これまでに数々の作品で主演を務めた今ノリにのっている若手俳優のひとりです。

障がいに苦しむ樹を真摯に支える、一途なヒロイン・川奈つぐみ役に2018年公開映画「BLEACH」で作品の重要な役割を担う朽木ルキア役を演じて注目を集めた杉咲花。

個人的には2011年に味の素・Cook Do「回鍋肉用」のCMで汗だくになりながら回鍋肉を平らげた姿が爽快で印象的だった女優さんです。

そして本作の脇を固める俳優陣には、つぐみの母・咲子役に伊藤かずえ、樹の母・文乃役に財前直見とベテランの演技派俳優が揃い本作に安定感を持たせてくれています。

主題歌にはEXILE の妹分と言われているE-girls(イーガールズ)の「Perfect World」が採用されています。

映画の主人公たちの心に寄り添った歌詞が切なくも優しいミディアムバラードの曲になっています。

E-girlsのリーダー佐藤晴美は「心がぎゅっと温かくなる歌詞がとても大好きです!!

三人のボーカルの声も切なくも、強さもあってまた新たなE-girlsが表現できているんじゃないかなと思います!」とコメントを寄せています。

スポンサードリンク