2019年5月24日公開の「パリ、嘘つきな恋」のDVD情報をご紹介します。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

「パリ、嘘つきな恋」の配給元は松竹です。

松竹の作品がDVD化されるまでの日程はこれまでの傾向からすると、半年前後となっています。

映画の公開日が2019年5月24日公開ですので早くて2019年12月頃にはDVD化される見込みです。

こちらの正式な日程は後日、改めて記載致します。

スポンサードリンク

パリ、嘘つきな恋のあらすじ

パリにある大手シューズ代理店に勤めるジェスランはちょっとナルシストでイケメンの独身貴族。

48歳になった今でも女性には一時的な関係を求めるだけで、結婚には全く興味を持たない男性でした。

ある日、遺品整理のために亡き母の家を訪れたジョスランは、生前母がそうしていたようにジャズをかけて車椅子に座り時間を過ごしていました。

そこにジュリーと名乗る金髪美女が、隣に引っ越してきたと挨拶をしにきてくれます。

ジュリーはジョスランの足が不自由だと勘違いすると、自分は介護士なので何かあったら声かけてと親切にしてくれました。

彼女とお近づきになりたいジョスランはその勘違いを利用し、彼女と関わりを持とうと障がい者のふりを続けることにします。

そんなジョスランの魂胆など知らないジュリーは、一緒に暮らす姉フローレンスをジョスランに紹介しました。

フローレンスは事故で障がいを持ち、車椅子生活をおくっていましたが、ヴァイオリニストとして世界中を飛び回り、車椅子のテニスプレーヤーとしても活躍している行動的な女性でした。

明るくて魅力的なフローレンスにどんどん惹かれていくジョスランでしたが、最初についた障がい者という嘘をどう切り出したらいいのか悩みます。

果たしてジョスランは最初についてしまった嘘をどうやって、フローレンスに伝えるのでしょうか?

そしてその時、優しい嘘などないと言い切ったフローレンスはどんな反応を示すのでしょうか?

独身貴族を気取った嘘つき男ジョスランと障害を乗り越えて快活に生きるフローレンスの恋の行方が本作の最大の見どころです。

実話をもとに製作され世界中で大ヒットした「最強のふたり」の製作スタジオ、ゴーモンから生まれた新たな感動作をぜひ劇場で鑑賞してみてはいかがでしょうか。

本作は本土のフランスでは観客動員数が200万人を超え、ランキングでも総合1位を獲得する驚異の大ヒットを記録しました。

嘘つき男が本気の愛に目覚めていく姿は滑稽でありながら、どこか切なく見るものが自然と応援したくなる不思議なラブストーリーになっています。

物語の舞台となる華やかなパリの街並に注目しながら、熟年カップルの恋の行方にほっこり温かい気持ちなってみてはいかがでしょうか。

パリ、嘘つきな恋の注目ポイント

スポンサードリンク

本作で監督、脚本、主演を務めたのはフランスで人気のコメディアン、フランク・デュボスクです。

今回がフランク・デュボスクの初監督作品でしたが見事に大ヒットさせ、その才能の幅の広さを知らしめることになりました。

デュボスク監督の「愛をもって相手をみれば差異に対する偏見は消えることを伝えたい」というメッセージのもと製作された本作は鑑賞者にしっかりとその真意が伝わったと思います。

そして、障がいを持ちながらも明るく行動的で、ユーモアのセンスもある魅力的なフローレンス役を演じたのはフランスの女優アレクサンドラ・ラミーです。

2009年公開映画「リッキー」や2012年公開映画「プレイヤー」などに出演しています。

そしてジョスランの親友で医師のマックス役を演じるのは2009年公開映画「愛するかたち」でジャン役を演じたジェラール・ダルモン。

ジョスランの秘書マリー役には「リトル・エルサレム」「ずっとあなたを愛している」などに出演していたエルザ・ジルベルスタインが抜擢されました。

フローレンスの妹で介護士のジュリー役には美しいフランス女優キャロライン・アングレード、ジョスランの兄弟役にはローラン・バトーなどフランスでは有名な俳優が勢揃いで物語を盛り上げてくれています。

本当の恋をした嘘つき男ジョスランと魅力的な車椅子女フローレンスの大人のラブロマンスを描いた作品です。

スポンサードリンク