2018年6月1日公開の映画「OVER DRIVE」のDVD情報をご紹介いたします。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

【追記】

DVDのレンタル開始は2018年12月5日(水)、発売日は12月19日(水)に決定しました。

「OVER DRIVE」の配給元は東宝です。

東宝配給の作品がDVD化されるまでの期間は概ね半年前後となっております。

映画の公開が2018年6月1日ですから2018年12月〜2019年1月付近にDVD化されると思われます。

こちらの詳細な日程に関しましては後ほど記載致します。

スポンサードリンク

動画配信や宅配レンタル

動画配信 宅配レンタル
U-NEXT
ビデオマーケット
FOD
TSUTAYA
GEO

※2018年12月6日時点の情報です。最新の状況は公式サイトにてご確認下さい。

OVER DRIVEのあらすじ

(画像元:as-web.jp

公道を猛スピードで駆け抜けタイムを競う過酷な自動車競技「ラリー」

国際自動車連盟が主催するその世界最高峰のラリーが、世界ラリー選手権・通称WRCです。

このラリー競技の登竜門にあたる日本国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)という架空のラリーシリーズを舞台に物語は進んでいきます。

若き才能たちがしのぎを削るSCRSで、主人公・檜山篤洋がチーフメカニック兼エンジニアとして所属するスピカレーシングファクトリーとそのライバルチームが激しい優勝争いをしています。

なんとしても優勝し、WRCへのステップアップを果たしたいスピカR・F所属の天才ドライバー・檜山直純は、兄の檜山篤洋の助言も無視し、リスクを顧みない無謀とも言える走りを続けます。

ことあるごとに衝突を繰り返す不仲な兄弟の影響で、チーム内にいつしか険悪な空気が漂い始めます。

そんなある日、直純の新しいマネージメント担当として、ラリー競技について何の知識も持たない遠藤ひかるがやってきます。

彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の秘められた過去、そしてスピカR・Fを巻き込む試練でした――。

邦画では珍しいモータースポーツ・ラリー競技の世界を舞台に、真面目な兄と天才肌の弟の確執とそこに巻き込まれていくヒロインやチームメイトを描いた映画です。

公道をものすごいスピードで駆け抜けていくラリーシーンの迫力は、モータースポーツファンならずとも一見の価値ありです!

OVER DRIVEの注目ポイント

スポンサードリンク

監督したのは、羽住英一郎さん。映画『海猿』シリーズや『暗殺教室』、多くのテレビドラマを手がけた演出家・映画監督です。

モータースポーツ好きを公言している監督だけあって、マシンのパーツやラリーの戦績、チームスタッフの入社歴にいたるまで実に細かい設定がされているところも見所の一つです。

また、「今作と同じく極限状態での挑戦を描いた『海猿』を越える作品を目指した」とのコメントもされています。

もちろんキャストも豪華です。

確かな技術とまじめな性格でチームメイトからの信頼も厚い主人公・檜山篤洋を演じるのは、俳優デビュー作『桐島、部活やめるってよ』で、第36回日本アカデミー賞俳優新人賞を受賞し、

その後『クローズEXPODE』や『デスノート Light up the NEW world』など数々の話題作に出演してきた東出昌大さん。女優の杏さんの旦那さんとしても有名ですね。

主人公の実弟で勝ち気な天才ドライバー檜山直純には、アメリカでの活動を経て、『ちはやふる』で第40回日本アカデミー賞俳優新人賞を受賞した新田真剣佑(あらたまっけんゆう)さん。

サニー千葉こと、俳優千葉真一さんの息子さんでもあります。

スポーツマネジメント会社の社員で、直純のエージェントを担当することになるヒロイン・遠藤ひかる役には、有名ファッション雑誌seventeenの元専属モデルで女優の森川葵さん。

主演の東出さんとはプライベートでも親交があるみたいですね。

ライバルチームであるシグマ・レーシングのドライバー役には、『君の膵臓を食べたい』で第41回日本アカデミー賞俳優新人賞を受賞した北村匠海さん。

他にも、劇団EXILEの町田啓太さんやベテラン俳優の吉田鋼太郎さんが檜山兄弟のチームメイトとして、また要潤さんがヒロインの上司役で出演されています。

それにしても、東出昌大さん、新田真剣佑さん、北村匠海さんと三名もの日本アカデミー賞俳優新人賞を受賞した俳優が出演しているなんて面白いですね。

最後に、主題歌「DRIVE」もご紹介しておきましょう。

担当したのは、CMでダウンタウンの松本人志さんとの共演も話題になった大人気のスリーピースロックバンドWANIMA。

なんとこのテーマソング、メンバー自らが映画本編を観て書き下ろした曲なんです。

エネルギッシュなこの楽曲にも要注目ですね。

スポンサードリンク