別冊マーガレットの人気作品で既にアニメ化もされていた「虹色デイズ」が実写映画化!

本作のDVD情報をご紹介致します。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

【追記】

DVDのレンタル開始・発売日が2018年12月5日(水)に決定しました。

「虹色デイズ」の配給元は松竹です。

松竹の作品がDVD化されるまでの日程はこれまでの傾向からすると、半年前後となっています。

映画の公開日が2018年7月6日公開ですので早くて2019年1月、遅くとも2019年2月前後にはDVD化される見込みです。

こちらの正式な日程は後日、改めて記載致します。

スポンサードリンク

動画配信や宅配レンタル

動画配信 宅配レンタル
U-NEXT
ビデオマーケット
FOD
TSUTAYA
GEO

※2018年12月6日時点の情報です。最新の状況は公式サイトにてご確認下さい。

虹色デイズのあらすじ

市立青諒高校に通う高校二年生のイケメン男子4人組・なっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃんは、趣味や性格はバラバラだけれど、いつも一緒にいる大の仲良しで学校でも放課後でも毎日楽しい日々を過ごしていました。

そんなある日、恋に奥手なはずのなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片思いをしていることが発覚します。

連絡先すらなかなか交換できないなっちゃんを冷やかしながらも応援するまっつん、つよぽん、恵ちゃんの3人――。

そんな中、まっつんは杏奈の親友で男嫌いのまり(恒松祐里)のことが気になり始めます。

また、つよぽんは進学で恋人のゆきりん(堀田真由)と離ればなれになってしまうことに思い悩み始めます。

彼らに刺激されたのか、恵ちゃんの心にも変化があり……。

友情、恋、進路――それぞれの想いに笑ったり悩んだりしながらもお互いを励まし合い、本当に大切なものを見つけようとする仲良し4人組。

いつしか季節は過ぎ、3年生になった4人は、卒業という終わりを意識し始めた中で、高校生活最後の文化祭を迎えます――。

このあらすじだけでもう、思わず胸がドキドキしてきてしまいますね。

原作ファンの方はもちろん、青春・恋愛映画好きには見逃せない作品なのではないでしょうか。

虹色デイズの注目ポイント

スポンサードリンク

さて、今や一つのジャンルとして確立されつつある人気漫画の映画化ですが、
今作の原作は、水野美波さんによる少女漫画「虹色デイズ」です。

累計発行部数300万部を突破しテレビアニメにもなった大人気青春コミックが、どのように実写化されているのか大注目ですね。

スタッフやキャスト・音楽についてもご紹介しておきたいと思います。

映画『荒川アンダー ザ ブリッジ』、『大人ドロップ』などの作品を撮り、タレントで女優の井上和香さんとの結婚でも話題になった飯塚健さんが監督を務め、たった一度しかない青春のきらめきを見事に切り取っています。

飯塚監督とともに脚本を担当したのは、「第18回フジテレビヤングシナリオ大賞」を受賞し、会社員から脚本家に転身した根津理香さん。

代表作にフジテレビのドラマ『ブロッコリー』、『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』などがあり、他にも映画やテレビアニメなど幅広いジャンルで活躍中の脚本家です。

また、物語の軸でもあり今作の最大の見所でもある主人公4人組を、今最も輝いているイケメン俳優たちが日本映画史上初となる4人とも主役の「カルテット主演」として務めています。

ピュアで愛されキャラの「なっちゃん(羽柴夏樹)」役は、俳優でもありGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーでもある佐野玲於。

チャラいモテ男だけど本当は友達想いな「まっつん(松永智也)」を演じるのは、映画やドラマ、CMに次々と出演が決まっている中川大志。

オタクでマイペースな秀才「つよぽん(直江剛)」には、仮面ライダー出身俳優の演技派・高杉真宙。

いつもニコニコしているが実はドSの「恵ちゃん(片倉恵一)」には、『仮面ライダーフォーゼ』や『列車戦隊トッキュウジャー』などに出演し注目を集める横浜流星。

この4人が、個性豊かな男子高校生たちのリアルな感覚と輝きをさわやかに表現しています。

さらに、吉川愛さん・恒松祐里さん・堀田真由さん・坂東希さんといった注目の若手女優たちが女子高生役を演じ、その他にも、人気個性派俳優の滝藤賢一さんや山田裕貴さんらが教師役で脇を固めています。

また、エンディングテーマの新曲「ワンダーラスト」を人気バンドDragon Ashのボーカル&ギターKj(降谷建志さん)が書き下ろしたのをはじめ、フジファブリック・阿部真央さん・Leola・SUPER BEAVERら豪華アーティスト陣が映画の挿入歌を提供しているのにも注目です。

スポンサードリンク