2019年1月18日公開の映画「ミスター・ガラス」のDVD情報をご紹介いたします。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

本作の配給元はディズニーです。

ディズニー配給の作品がDVD化されるまでの日程はこれまでの傾向からするとおおよそ4ヶ月前後となっております。

映画の公開が2019年1月18日ですから2019年5月付近にDVD化される見込みです。

こちらの詳細な日程に関しましては後ほどご紹介致します。

スポンサードリンク

ミスター・ガラスのあらすじ

フィラデルフィアに存在する研究施設の一室に、ある共通点を持つ3人の男が集められました。

その向かい側では1人の女性精神科医エリー・ステイプルが、謎めいた笑みを浮かべながら3人を見つめています。

集められた男性3人にはそれぞれに特徴がありました。

1人目は不死身の体と悪者を感知する能力を持つ「デヴィッド」

過去に起こった列車事故の唯一の生存者で、強靭な肉体を持ち、悪者を退治するスーパーヒーローのような存在です。

2人目は24人もの人格を持つ、多重人格者の「ケヴィン」

ケヴィンは主人格の他に、子どもや女性、そして銃弾すら弾き飛ばすビースト(野獣)などの人格を持ち、次々と入れ替わります。

3人目は非凡なIQと、骨形成不全症が原因で生涯に94回も骨折をしている、繊細でガラスのような体の「イライジャ・プライス」

彼は子どもの頃から壊れやすい体のため「ミスター・ガラス」とからかわれて育ちましたが、今ではその名を受け入れて車椅子の生活をしています。

この3人の共通点は、自分が特殊な能力を持つヒーローだと思っているということでした。

ところが、精神科医であるステイプルは、実はすべて3人の妄想なのではないかと疑い、自身の考えが正しいことを実証するため「禁断の実験」を始めます。

これが悲劇の幕開けになるとは知らずに。

果たしてミスター・ガラスとはどのような人物なのか、そして3人は本当に自分がヒーローだと妄想しているだけなのか、真実は明らかになるのか、ラストまで目が離せません。

ミスター・ガラスの注目ポイント

スポンサードリンク

ミスター・ガラスはシックス・センスで一躍有名になったホラー・サスペンスの鬼才、M・ナイト・シャマラン監督の作品です。

この作品は、過去に公開したアンブレイカブル、スプリットの続編で3部作でもあります。

不死身の肉体と悪を感知するアンブレイカブルの主役デヴィッドは、ダイ・ハードやアルマゲドンで知られるブルース・ウィリスが演じています。

屈強で獰猛なビーストの人格を含む24人の多重人格者に登場するケヴィンは、スプリットの主役であるジェームズ・マカヴォイが、そして、今作の主役であるミスター・ガラスはアンブレイカブルにもスプリットにも登場しているイライジャ・プライスで、サミュエル・L・ジャクソンが怪演しています。

M・ナイト・シャマラン監督作品は謎に満ち、公開前の情報開示も少ないことが多いのですが、今作も公開日が迫る中、公式HPでも多くの情報は開示されていません。

アンブレイカブルとスプリットを既にご覧の方は、それぞれの主役がミスター・ガラスとどう絡んでいくのかを想像してみてください。

今作が初めてという方は、ラストのどんでん返しが秀逸なM・ナイト・シャマラン監督の仕掛ける罠を存分に楽しんでください。

キーワードはコミック誌に登場するような「スーパーヒーロー」です。

確かにブルース・ウィリスはダイ・ハードやアルマゲドンでヒーローを演じていますし、アイアンマンやスパイダーマン、超人ハルクなど国内外に人気のヒーローは沢山存在します。

しかし現実にスーパーヒーローはこの世に存在するのか?と言われると、ステイプル博士のように「妄想なのでは?」と疑ってしまうのは仕方の無いことかもしれません。

筆者はスプリットの主人公で、今作にも登場する多重人格者ケヴィンにも興味を持ちました。

実際に24人の人格を持つビリー・ミリガンという人物が存在し、有名な小説にもなっているからです。

M・ナイト・シャマラン監督はスプリット公開時のインタビューで、ビリー・ミリガンの影響を受けていると公表しています。

読んだことがない方はこの3部作をご覧になった後に読み比べてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク