シリーズ第3弾となる人気作品「メイズ・ランナー 最期の迷宮」のDVD情報をご紹介致します。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

【追記】

DVDのレンタル開始・発売日が2018年9月19日(水)に決定しました。

「メイズ・ランナー 最期の迷宮」の配給元は20世紀フォックス映画です。

20世紀フォックスの作品がDVD化されるまでのスケジュールはこれまでの傾向だと公開日からおよそ4〜5ヶ月前後となっております。

映画の公開が2018年6月15日なので2018年10月もしくは2018年11月付近にDVD化されると予想しています。。

こちらの詳細な日程に関しましてはまた後ほど記載致します。

スポンサードリンク

動画配信や宅配レンタル

動画配信 宅配レンタル
U-NEXT
ビデオマーケット
FOD
TSUTAYA
GEO

※2018年12月6日時点の情報です。最新の状況は公式サイトにてご確認下さい。

メイズ・ランナー 最期の迷宮のあらすじ

アメリカの作家・ジェイムズ・ダシュナーが発表した若者向けミステリー・スリラーSF小説を実写化した大人気シリーズ3作目です。

『最期』と銘打たれた今作をより楽しむために、主人公と物語の軸となるメイズ(迷路)と過去作ついてざっとおさらいをしたいと思います。

謎多き巨大迷路に閉じ込められてしまった記憶を消された若者たちが脱出を目指すという壮大な物語は、一人の青年・トーマスが高い壁に囲まれた「グレード」と呼ばれる生活居住区で目を覚ますところからスタートしました。

そこでは、トーマスと同じように理由も分からずグレードに放り込まれた人たちが暮らしていました。

月に一度支給される生活物資と新たに送り込まれる記憶を失った人々――。

グレードを囲む壁は朝になると開き、夜になると再び閉まります。その先には巨大な迷路が存在し、その迷路は一日ごとに構造を変化させ、同じ道は二度と現れません。

その上、迷路内には「グリーバー」という謎の怪物がいて……。

ある日、トーマスはテレサという女性と出会います。彼女の手に握られた「物資の供給を断つ」というメモを見て、トーマスは悩んだ末、迷路の脱出を決意します。

俊敏な若者たちで結成された「ランナー」というチームのリーダー・ミンホと信頼関係を築いたトーマスは、グリーバーはびこる迷路を抜け、グレードの監視研究所「WCKD(ウィケッド)」にたどり着きます。

そこで別の組織に保護されたところで多くの謎を残したまま1作目は幕を閉じます。

2作目では、WCKDで保護されたトーマスたちは、各地に存在しているグレードから集められた人々と一緒に砂漠の中にある施設に収容されていました。

先に収容されていた人から、この施設が人体実験要の施設であることを知らされたトーマスたちは、前作の迷路と同じように脱出を試みます。

執拗な追っ手をなんとか振り払い夜の砂漠に逃げ出したトーマスたちを待ち受けていたのは、「フレア」という感染症が原因でゾンビと化した人々の襲撃でした。

その襲撃で仲間を失いながらも、トーマスは研究者の協力を得て、自らの血液でフレアの抗体を作りだします。

しかし、テレサの裏切りによって、ミンホがWCKDに捕まってしまいます。ここで2作目は終わりです。

そして、今作!

WCKDに捕らわれたミンホを助けるべく、トーマスたちは彼が乗せられた列車を襲撃します。がしかし、その中にミンホの姿はありませんでした。

ミンホは「ラスト・シティ」という隔離施設に運ばれ、フレアの抗体を作るためWCKDの実験対象となっていたのです。

かつての仲間・テレサの姿もそこにはあります。

トーマスは仲間たちの反対を押し切り、ミンホ救出へと向かいます。

かつてのグレードと同じように高い壁に囲まれたWCKD。

綿密な侵入計画を立て、壁を乗り越えることに成功したトーマスでしたが、その先に待ち受けていたのは――。

色んなワードが出てきてストーリーについていけるか心配されるかもしれませんが、映画を観ていればすんなりなじんできますので、その点は心配なさらず、迫力の映像と壮大な物語をお楽しみください!

メイズ・ランナー最期の迷宮の注目ポイント

スポンサードリンク

1、2作目に引き続き、監督はウェス・ボールが、脚本・製作総指揮をT・S・ノーリンが務めています。

大作映画では、シリーズを通して同じスタッフが続投することが意外と少なく、本当に続編なのか?と首を傾げたくなるシリーズものもあったりするのですが、今作に関しては過去作のファンも安心して観られそうですね。

もちろんそれはキャスト、特に主役級の俳優に関しても言えることなのですが、ご安心ください。

主人公・トーマス役のディラン・オブライエンやテレサ役のカヤ・スコデラリオ、ミンホ役のキー・ホン・リーをはじめ多くのキャストが1、2作目から続投しているんです!

さらに、原作者のジェームズ・ダシュナーが映画における変更作業に自ら参加し、「原作ファンも認めてくれるだろう」という表明をしている点にも注目です。

原作と映画の違いを見比べてみるのも面白のではないでしょうか。

スポンサードリンク