2019年5月31日公開の映画「さよならくちびる」のDVD情報をご紹介いたします。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

「さよならくちびる」の配給元はギャガです。

ギャガ配給の作品がDVD化されるまでの期間は映画公開からおよそ半年となっています。

「さよならくちびる」の公開日は2019年5月31日公開ですから、早くて2019年12月頃にはDVD化されそうです。

こちらの詳細な日程に関しましてはまた後ほど記載致します。

スポンサードリンク

さよならくちびるのあらすじ

「二人とも本当に解散の決心は変わらないんだな?」

ローディ兼マネージャーのシマにそう尋ねられ、頷くハルとレオ。

彼女たちはインディーズ音楽で一躍有名になった、女性デュオ「ハルレオ」の二人でした。

ハルレオは、全国7都市を巡るツアーをもって解散する予定でした。

しかし、解散ツアーは初日から波乱の幕開けを迎えます。

別行動をとっていたレオがライブに遅刻し、ムードは険悪な状態に。

「今日が何の日かくらい憶えてるよ」というセリフと共に、レオはハルに小さな封筒を渡します。

そして何事も無かったのようにステージに立つ二人。

次の町へ向かう途中、レオから渡された封筒を開け、「ハルの誕生日か?」と問うシマに、ハルはこう答えます。

「違うよ。初めてレオに声をかけた日だよ…」。

…ねえ、音楽やらない?あたしと…とハルはレオに声をかけたのです。

ずっと孤独だったレオにとって、ハルの存在は徐々に大切なものになっていきました。

ハルからギターを習い、共に音楽を奏で、やがて路上で歌うようになるとジワジワと人気が出始めました。

ライブツアーをやろう!と決心したハルレオはローディ(バンドを補助するスタッフ)となる人物を探します。

そして元ホストであるシマと出会い、3人は行動を共にするように。

ところが、予期せぬ恋心が芽生えてしまったことで3人の関係に少しずつ亀裂が入り始めます。

このままの関係でいたい気持ちと、このままではいられないという想いが交錯する3人。

甘くてほろ苦い青春と葛藤する男女を描いた、心に沁みる青春ロードムービーです。

さよならくちびるの注目ポイント

スポンサードリンク

昭和の時代はアイドル全盛期でしたが、平成に入り、音楽業界も様変わりしました。

フォークやロック、ポップスなど、様々なジャンルで活躍する歌手が登場し、人気を博しています。

この作品でも、今注目を浴びている人気歌手、あいみょんさんと秦基博さんが加わっています。

秦基博さんはインディーズのご出身で、映画ドラえもんの主題歌「ひまわりの約束」などの曲で知られています。

この作品では主題歌「さよならくちびる」のプロデュースを行っています。

また、若者に人気のあいみょんさんは「君はロックを聴かない」「マリーゴールド」などの曲が共感できると支持されています。

この作品ではハルレオが歌う「たちまち嵐」の作詞・作曲を手掛けています。

一方、ハルレオの二人と、ローディを務めるシマの役も、今をときめく俳優陣たちが演じることで注目されています。

ハル役は女優の他、モデルもこなす小松菜奈さんが演じ、レオ役は癖のある役でも難なくこなす門脇麦さんが演じます。

小松菜奈さんは2019年11月公開予定の「閉鎖病棟(仮)」にも出演しています。

門脇麦さんは2020年の大河ドラマでの出演が決定しています。

さすが人気の女優さんたち、お忙しいですね。

要となるローディのシマ役は、ドラマやCMで活躍中の成田凌さんが演じます。

彼もまた2020年公開予定の「窮鼠はチーズの夢を見る」に出演するなど、多忙なスケジュールを抱えています。

監督は「黄泉がえり」や「どろろ」などの作品で知られる、塩田明彦さんです。

彼は、監督である他、脚本家でもあり、なんと、教師でもあります。

ファンタジー、ホラー、純愛、青春物と、実に様々なジャンルのテーマでメガホンを取る多才な監督で、海外でも高い評価を得ています。

映画「黄泉がえり」では、作中でRUI役を演じた柴咲コウさんが、後にRUIとして主題歌「月のしずく」をリリースし、大ヒットしました。

この作品で歌うハルレオも、スクリーンを飛び出し、CDをリリースするかもしれませんね。

大好きだから終わりにしようと思ったー。

彼らが導きだしたその先が気になる作品です。

スポンサードリンク