2019年5月24日公開の映画「空母いぶき」のDVD情報をご紹介いたします。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

【追記】

DVDのレンタル&発売日が2019年12月5日(木)に決定しました。

空母いぶき [ 西島秀俊 ]

created by Rinker
¥3,135 (2019/12/09 13:19:18時点 楽天市場調べ-詳細)

「空母いぶき」の配給元はキノフィルムズです。

キノフィルムズ配給の作品がDVD化されるまでの日程はこれまでの傾向からすると半年前後となっております。

映画の公開が2019年5月24日ですから2019年12月付近にDVD化される見込みです。

こちらの詳細な日程に関しましては後ほどご紹介致します。

スポンサードリンク

空母いぶきのあらすじ

日本の最南端沖で国籍不明の軍による日本への攻撃が始まります。

その上、日本領土の一部が占領され、海上保安隊員が連れ去られるという、かつてない事件の勃発に激震が走りました。

日本政府は即座に最新鋭の護衛艦いぶきを中心とする護衛艦隊の出動を命令します。

しかし、これが日本が経験するかつてない壮絶な一日の幕開けになるのでした。

護衛艦いぶきの艦長・秋津竜太と副艦長の新波歳也は防衛大学時代からのライバル同士で考え方も極端に違うことから、厳しい判断を迫られる局面に度々意見がぶつかり合うようになっていきます。

国民の平和が脅かされるなら武力行使もいとわない覚悟の秋津、あくまで防衛に専念し、自発的な攻撃は避けるべきという信念を持つ新波が最前線で下す決断がこの国の未来を分けることになります。

持てる力をどう使うべきか、彼らの向かう先にあるものは絶望か、それとも希望か・・・。

漫画家かわぐちかいじによる累計発行部数400万部超えのベストセラーコミック「空母いぶき」を原作に実写映画化された本作は日本の命運をかけた“24時間の物語”を描いています。

映画版オリジナルのキャラも登場し、原作の鬼気迫る迫力はそのままに劇場版ならではのストーリー展開が本作の見どころです。

空母いぶきの注目ポイント

スポンサードリンク

本作の監督には「沈まぬ太陽」「夜明けの街で」でメガホンを取った若松節朗が担当しています。

若松監督は「ホワイトアウト」「沈まぬ太陽」などで2回に渡り日本アカデミー賞・優秀監督賞に輝いた実績を持つ監督です。

とくにサスペンス要素の強い緊張感漂う作品が高評価を得ている監督なだけに、本作では大きな期待がよせられています。

また脚本家には「七瀬ふたたび」の伊藤和典と「亡国のイージス」の長谷川康夫が共同で執筆を担当しました。

本作の主人公、護衛艦いぶきの艦長・秋津役にはテレビドラマ「MOZU」や映画「クリーピー 偽りの隣人」でも主演を務めた西島秀俊が演じています。

西島さんと言えば、2019年には映画「任侠学園」が公開を控えており、テレビドラマでは「名探偵・明智小五郎」の主人公・明智役を演じることも報道されました。

今や出演作には引っ張りだこの西島さんですが、本作では航空自衛隊出身で目的のためなら武力行使もいとわないという一面を持つ護衛艦いぶきの艦長を熱演しています。

そしてもう一人の主人公、護衛艦いぶきの副艦長・新波には「黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜」「ハンチョウ〜神南署安積班〜」シリーズでお馴染みの佐々木蔵之介が抜擢されました。

佐々木蔵之介さんは映画「超高速!参勤交代」でのコミカルな演技が高い評価を得て日本アカデミー賞・主演男優賞を獲得しています。

本作でした秋津とは対照的にあくまで防衛に専念し、こちら側からの攻撃は避けるべきという信念を強く持つ新波役を熱演しています。

攻撃か、それとも回避か厳しい判断に苦悩する第5護衛隊群司令・湧井継治役には数々の映画、ドラマに出演している藤竜也が熱演しています。

護衛艦いぶきの船務長・中根和久役に「僕とシッポと神楽坂」「悪魔が来りて笛を吹く」の村上淳、同じく護衛艦いぶきに乗船する砲雷長・葛城政直役に「とと姉ちゃん」「獄門島」の石田法嗣が出演しています。

そして映画オリジナルの登場人物として、緊迫した状況の護衛艦いぶきに乗り合わせてしまう新米記者・本多裕子役に本多翼が抜擢されました。

他にも斉藤由貴、中井貴一、片桐仁、深川麻衣など映画独自のオリジナルキャラクターを豪華俳優陣が演じ物語を盛り上げます。

ベストセラーコミックを原作に日本を舞台にした壮大な作品です。

スポンサードリンク