2019年3月9日公開の映画「家族のレシピ」のDVD情報をご紹介いたします。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

「家族のレシピ」の配給元はエレファントハウスです。

エレファントハウスの作品がDVD化されるまでの日程は過去の傾向からすると2019年8月〜2019年9月付近にDVD化されると予想しています。

こちらの詳細な日程に関しましてはまた後ほど記載致します。

スポンサードリンク

家族のレシピのあらすじ

群馬県高崎市の田園地帯にある一軒のラーメン屋。

そこは経営者の和男とその息子・真人、和男の弟・明男の3人で営んでいました。

しかし一緒に働く父と息子の間には全く会話がなく、その日も仕事が終わると和男は飲みに出かけ、真人は自宅のキッチンである料理の再現をしようと作業に没頭します。

長年続いたそんな静かな生活は、突然、和男が亡くなったことで終わりを告げることになりました。

葬儀の後で、和男の遺品の整理しようとした真人は、10歳の時に亡くなった母メイリアンの日記と写真、そしてシンガポールにいる叔父からの手紙を見つけます。

母が死んでから、父・和男は母について一切語ろうとはしなかったため、真人は母の事や母の家族のことが気になってきました。

どうしても確かめたくなった真人は両親が出会った場所で、自分も10歳までは暮らしていたシンガポールへと行ってみることに決めます。

真人は母が残した写真や日記をもとにシンガポールの各地を訪れながら、両親の思い出をたどっていきました。

そして以前から交流のあったシンガポール在住のフードブロガー、美樹に協力を頼み、手紙の差出人である叔父のウィーの居場所を突き止めます。

叔父のウィーが経営する食堂に入った真人は、そこで日本のラーメンによく似たバクテーという料理を食べて、その味に懐かしさを覚えました。

自分でも作れるようになりたいと思った真人は叔父のウィーに頼んでバクテーの作り方を教わることにします。

そして母方の祖母と一度も会ったことがなかったことから、叔父に2人の関係について教えてほしいと頼みました。

真人はウィーを介して祖母の家を訪ねてみることにしますが、そこでショッキングな真実を教えられます。

祖母のマダム・リーは和男とメイリアンの結婚に反対していたが、2人が押し切って結婚したため、真人が生まれてからも完全に縁を切っていたと言います。

真人は死んだ両親が叶えられなかった願いを叶えたいと、あるアイデアを思いつきました。

果たして、真人は家族の思い出と絆をもう一度結ぶことができるのでしょうか?

日本とシンガポールのソウルフードと言えるラーメンとバクテーを主軸に、両国の“美味しい”がバラバラになった家族の絆をつなぐ物語になっています。

シンガポールと日本の外交関係樹立50周年を記念して、シンガポールと日本の合作で製作された家族の愛の物語です。

家族のレシピの注目ポイント

スポンサードリンク

本作でメガホンを取るのは長編アニメ「TATSUMI マンガに革命を起こした男」の鬼才・エリック・クー監督です。

両親の歴史を辿りにシンガポールにやってくる真人役は「昼顔」「のみとり侍」の斎藤工が演じています。

斎藤工さんはもともとエリック・クー監督の大ファンで自ら出演したいと本作のオーディションに参加させてもらったと語っています。

そして本作に出演し、俳優として新しい扉を開けたと出演を喜ぶコメントを残しました。

真人の父でラーメン店の店主だった和男役には「ストレイヤーズ・クロニクル」「超高速!参勤交代 リターンズ」の出演で知られる井原剛志が演じています。

一緒にラーメン店で働く和男の弟・明男役には数々の日本ドラマに出演してきた別所哲也が演じ、真人を手伝ってくれるシンガポール在住のフードブロガー、美樹役には知らない人はいない松田聖子が抜擢されました。

松田聖子さんはアーティストでもありながら、最近は女優として海外ドラマなどにも出演し幅広く活躍されています。

他にも合作映画ならではのシンガポールの俳優陣に真人の叔父役にマーク・リー、母・メイリアン役にジネット・アウ、祖母・マダム・リー役にビートリス・チャンと豪華な出演陣が脇を固めています。

多彩な料理の数々を見ているだけでも楽しい作品です。

スポンサードリンク