2019年6月7日公開の映画「海獣の子供 (かいじゅうのこども)」のDVD情報をご紹介します。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

「海獣の子供」の配給元は東宝映像事業部です。

東宝映像事業部の作品がDVD化されるまでの日程は過去の傾向からすると2019年12月頃にDVD化されると予想しています。

こちらの詳細な日程に関しましてはまた後ほど記載致します。

関連記事

 

スポンサードリンク

海獣の子供(かいじゅうのこども)のあらすじ

話すのが苦手な少女・琉花は部活で友人と揉めたことで孤立してしまいます。

家でも母親とは距離を置いていた琉花は居場所を失い、別居して離れていた父が働く水族館を訪れました。

そこで仲が良かった頃の両親との思い出に浸りながら1人、目の前の大きな水槽を眺めていました。

その時、水槽の中で魚たちと戯れながら泳ぐ不思議な少年を見かけます。

驚く琉花に父は彼らが兄弟でジュゴンに育てられたのだと教えてくれました。

明るく無邪気な“海”と神秘的な魅力を持つ“空”。

琉花はその2人に導かれるようにそれまで知らなかった不思議な世界に触れていくようになります。

しかし、その頃、3人の出会いをキッカケに地球上では説明のつかない様々な現象が起こり始めていました。

空から彗星が海に落ち、海の生き物たちは一斉に日本に向けて移動し始めます。

そして巨大なザトウクジラが現れ“ソング”とともに「祭りの本番が近い」と海の生き物たちに伝えるのでした。

人間たちのなかには異常現象の原因になっていると思われる海と空を利用しようと考える者や、2人を守ろうとする海洋学者たちの思惑が交錯してくことになります。

“海と空”は一体どこから来たのか、また“祭りの本番”とは何のことなのか、が本作の最大の見どころです。

「リトル・フォレスト」や「魔女」などで知られる漫画家・五十嵐大介による同名漫画作品を原作に制作されたファンタジーアニメーション映画です。

五十嵐先生は本作で大自然を舞台に神秘的な生命の秘密を描き日本漫画協会賞・優秀賞を受賞されました。

また、独特な描写が話題を呼んだ「鉄コン筋クリート」のSTUDIO4℃が本作のアニメーション制作を努めていることでも注目を集めています。

海獣の子供の注目ポイント

スポンサードリンク

人気漫画作品のアニメーション化で注目されている本作ですがベテラン揃いの制作陣の紹介もしておきたいと思います。

本作で監督を務めるのは日本アニメの代表作「ドラえもん」のテレビシリーズを多岐にわたり担当してきた渡辺歩監督が抜擢されました。

渡辺監督は劇場版アニメもたくさん手がけてきましたが、最近では「メジャーセカンド」「グラゼニ」などテレビシリーズも精力的に発表しています。

本作を手がけるにあたっては「漫画と同じ読後感を残すこと」を目標にしたと語り、漫画が語っている壮大なテーマを壊さないように丁寧に制作したことが伝えられました。

そして大自然の神秘を語る映画では音楽も物語を盛り上げる重要な要素のひとつです。

本作では作曲や指揮者、ピアニストなど多岐で活躍する日本を代表する音楽家・久石譲が担当することになりました。

今までにも「風の谷のナウシカ」や「もののけ姫」など宮崎駿監督作品を多く担当し、壮大なテーマを描く映画を支えてきた久石譲さんなので安心して鑑賞することができますね。

また、本作では声優陣も豪華キャストが揃っていますのでご紹介したいと思います。

自分の気持を言葉で表現することが苦手な少女・琉花役には女優業のみならず、ナレーション、バラエティ番組でも人気の芦田愛菜が演じることになりました。

芦田愛菜さんは主人公と同じ14歳ということもあって琉花の気持ちや考え方に共感しながら演じることができたとコメントしています。

そして本作の鍵となるジュゴンに育てられた兄弟の弟・海役には歌にダンスもこなす若手俳優の石橋陽彩、物静かで神秘的な雰囲気を持つ兄・空役には俳優として様々なドラマに出演している浦上晟周が抜擢されました。

脇を固める声優陣には主人公・琉花の父・正明役に稲垣吾郎、母・加奈子役に蒼井優、海と空を見守る海洋学者・アングラード役には森崎ウィンとベテラン俳優陣が揃い物語に安定感をもたせてくれています。

生命の神秘と秘密に迫るアニメーション映画です。

スポンサードリンク