2019年1月11日公開の映画「蜘蛛の巣を払う女」のDVD情報をご紹介いたします。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

「蜘蛛の巣を払う女」の配給元はソニー・ピクチャーズエンタテインメントです。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給の作品がDVD化されるまでの期間は映画公開からおよそ、5ヶ月となっています。

「蜘蛛の巣を払う女」の公開日は2019年1月11日公開ですから、早くて2019年6月頃にはDVD化されそうです

こちらの詳細な日程に関しましてはまた後ほど記載致します。

スポンサードリンク

蜘蛛の巣を払う女のあらすじ

特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカーでありながら天涯孤独なリスベット・サランデルは、背中にドラゴンのタトゥーを入れた強烈な個性の持ち主でした。

悪を正すためなら自ら手を下すことも厭わないリスベットに対し「何故、私のことは助けてくれなかったの?」と意味深な言葉をかける謎の女が現れます。

女の正体は16年前に生き別れたリスベットの双子の姉妹カミラ。

物語は寒さの厳しい冬のストックホルムで、リスベットがある依頼を受けたところから始まります。

「キミにしか頼めない、私が犯した罪を取り戻してほしい」とバルデル博士からの依頼で博士の開発した核攻撃プログラムをアメリカの国家安全保障局から取り戻す仕事を引き受けます。

その依頼は天才的なハッキング能力を持つリスベットからしてみれば容易な仕事に思えました。

しかし、リスベットを狙う双子の姉妹カミラの壮絶な復讐計画の罠が張り巡らされていた事にリスベットはまだ気がついていませんでした。

狂気に満ちたカミラの罠に落ちていくリスベットの隠された壮絶な過去とは・・・そしてカミラがそこまでして姉のリスベットを狙う理由は!?

本作は全世界で9000万部と驚異の売り上げを記録した作家ダビド・ラーゲルクランツのベストセラー「ミレニアム」シリーズの第4作目にあたる小説の実写映画です。

2011年に公開された「ドラゴン・タトゥーの女」は世界中で大ヒットを飛ばし、それから7年の時を経て公開される「蜘蛛の巣を払う女」ではリスベットがいかにして“ドラゴン・タトゥーの女”になったのか、彼女の知られざる過去が明らかになっていきます。

主人公リスベットの壮絶な過去の記憶と振り払えない因縁の決着が本作の最大の見どころです。

蜘蛛の巣を払う女の注目ポイント

スポンサードリンク

本作でメガホンを取ったのは2013年公開映画「死霊のはらわた」、2016年公開映画「ドント・ブリーズ」などホラー映画で世界的ヒットを記録した監督フェデ・アルバレスが担当しています。

製作総指揮には1995年に公開され話題になった映画「セブン」で大成功をおさめたヒットメーカーのデヴィッド・フィンチャーが担当しました。

デヴィッド・フィンチャーは前作の2011年公開された「ドラゴン・タトゥーの女」を大ヒットに導き、同作では第84回アカデミー賞・編集賞を受賞しています。

そして本作の主人公で天才的ハッカー、リズベット役を演じるのは2016年放送ドラマ「ザ・クラウン」で女王・エリザベス2世を演じたことで有名なクレア・フォイが抜擢されました。

クレア・フォイは「ザ・クラウン」でエミー賞・主演女優賞も獲得した実力派女優です。

そして今回のキーパーソンの役割を果たすリスベットの双子の姉妹カミラ役には2017年公開映画「ブレードランナー2049」でラヴ役を熱演したシルヴィア・フークスが抜擢されています。

オランダ出身のフークスはモデル業から女優への転身を遂げた人ですが「ブレードランナー」の撮影時には1日6時間、週6日にも及ぶウエイトトレーニングや格闘術の訓練に励むほど熱心に役作りをすることでも知られています。

そしてリスベットの恋人でジャーナリストのミカエル役には2013年に公開されたスウェーデンの映画「ストックホルムでワルツを」に出演したスベリン・グドナソンが演じています。

他にもストーリーを盛り上げてくれる出演陣には「ザ・スクエア 思いやりの聖域」のクリス・バングや「スノーデン」のキース・スタンフィールドなどが名を連ねています。

前作の「ドラゴン・タトゥーの女」から制作陣とキャストを一新しての続編となる本作では、今まで描かれなかったリスベットの壮絶な過去を描く最新章になります。

スポンサードリンク