2020年3月6日公開の映画「Fukushima 50」のDVD情報をご紹介します。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

「Fukushima 50」の配給元は松竹です。

松竹の作品がDVD化されるまでの日程はこれまでの傾向からすると、半年前後になっています。

映画の公開日が2020年3月6日公開ですので早くて2020年9月付近にDVD化される見込みです。

こちらの正式な日程は後日、改めてご紹介いたします。

スポンサードリンク

Fukushima50のあらすじ

2011年3月11日午後2時46分。

宮城県男鹿半島東南東沖130kmを震源としたマグニチュード9.0の大地震が発生します。

東京電力福島第一原発(通称:1F)でも、これまでに経験したことの無いような激しい揺れに襲われます。

揺れは収まりましたが混乱する現場。

福島第一原発1・2号機の当直長・伊崎や、原発所長の吉田を中心に現状確認などの対応に追われていました。

そんな矢先、追い打ちをかけるようにこの大地震による巨大津波が発生。

圧倒的な威力で1Fに襲い掛かります。大津波により1Fすべての電源が喪失。

原子炉の冷却機能が停止し、制御不能の状態に陥ります。

想定を超える事態が次々と発生するなか、伊崎や吉田、現場に残った50人の地元作業員たちは原子炉の暴走を止めるべく奮闘します。

しかし、思いとは裏腹に状況は悪くなる一方。

懸命の努力もむなしくやがて1号機は水素○発、4号機は○発炎上するという前代未聞の大事故が起きてしまいます。

この状況を前に、次第に官邸は「最悪のシナリオ」を描き出していきます。

それは原子炉の暴走を止められなかった場合の「東日本壊滅」。

そんな最悪の事態を回避するべく、現場作業員や東電関係者は世界初の誰もやったことのないミッションの準備を進めます。

東日本大震災から8年。

日本中が大混乱するなか、全世界が注目していたあの現場で一体何が起きていたのか。

そこに残った人々は、その極限の状況にどう向き合いどう戦ったのか。

現場に残って対応にあたること、それは「死」と隣合わせということを意味します。

まさしく作業員たちと日本の「死の淵」。

そして「死」を覚悟した作業員たちにも絶対に守りたい大切な人たちがいました。

今でも収束していない福島第一原発発電所で起きた真実と、大きな壁に真正面から向き合った人たちの奮闘を、圧倒的スケール感で描いたパニック超大作です。

Fukushima50の注目ポイント

スポンサードリンク

原作は、当時の首相や政府・東電関係者70名以上の証言を基に書き上げられたノンフィクション作品「死の淵を見た男~吉田昌郎と福島第一原発の500日」。

主演で福島第一原発1・2号機の当直長・伊崎利夫役を演じるのは、コメディからシリアスな役までオールマイティにこなすことができ、映画「64」では日本アカデミー賞主演男優賞を獲得した佐藤浩市。

そして唯一実在していた人物で、実際の事故現場の最前線に立ち陣頭指揮を執っていた原発所長・吉田昌郎を演じたのは、映画「沈まぬ太陽」で日本アカデミー主演男優賞を受賞し、ハリウッドでも活躍中の俳優・渡辺謙。

2人の実力派俳優が、東日本大震災や福島第一原発事故とどう向き合い、作品を通じて私たちに何を伝えてくれるのかが大きな見どころです。

また、日本映画史上初、在日米軍と自衛隊が撮影に協力したというこの作品。

リアルで見応えのあるシーンが目白押しです。

出演者は他にも、吉岡秀隆や安田成美、佐野史郎、緒方直人などの演技派ベテラン俳優が勢ぞろいしています。

東日本大震災から8年が経過した今、人々の記憶から少しずつ薄れていっている当時の記憶。

あの時、日本中の誰もが自然の猛威に対し、どうすることもできない現実に人間の無力さを痛感していたのではないでしょうか。

そんななか私たちはどんな小さなことでもいいから、その時の自分に何ができるかを必死で考えていたはずです。

どんな困難な壁が立ちはだかっているときでも、どれだけ窮地に立たされているときでも、人は必ず誰かを想いその誰かのために立ち向かうことができるのです。

福島第一原子力発電所は8年経った現在でも、日々たくさんの作業員の方々が作業を続けています。

この作品を通して、薄れつつあるあの時の記憶をもう一度掘り起こしてみてはいかがでしょうか?

8年経った今だからこそ感じること、出来ることがあるかもしれません。

スポンサードリンク