2019年2月8日公開「アクアマン」のDVD情報をご紹介致します。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

【追記】

DVDのレンタル開始・発売日が2019年7月3日(水)に決定しました。

アクアマン ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【Blu-ray】 [ ジェイソン・モモア ]

created by Rinker

「アクアマン」の配給元はワーナー・ブラザースです。

ワーナー・ブラザース配給の作品がDVD化されるまでの期間はこれまでの傾向からですと映画が公開されてから、およそ4ヶ月です。

「アクアマン」の公開日は2019年2月8日公開ですから、早くて2019年6月頃にDVD化されると思われます。

スポンサードリンク

アクアマンのあらすじ

メイン州の港町で灯台の監視員をしていたトーマスは、ある日、岸に流れついていた女性見つけ助けます。

その女性は海底都市アトランティスの女王アトランナでした。

命を救ってもらったアトランナはいつしかトーマスと恋に落ち子供を授かります。

そして人間と海底人の血が流れる男の子、アーサーが産まれました。

しかしある日、アトランティスから兵士が送られてきてアトランナを連れて帰ろうとします。

アトランナはそれを拒否して兵士と戦い追い返すことに成功しますが、息子とトーマスに危険が迫ることを恐れて、自らアトランティスに帰ることを決めました。

2人の間に生まれたアーサーはそのままトーマスに託されることになります。

しかし、海底人の能力を持つアーサーは子供の頃から不思議な力を持ち周囲の人からは恐れられていました。

やがて成人したアーサーは異母兄弟のアトランティス王オーム・マリウスが人類を攻撃しようとしていることを知ります。

その企みを阻止するためには、アクアマンことアーサーの力が必要とされていましたが、当初は王座にもアトランティスにも興味のないアーサーは戦おうとはしませんでした。

しかし父トーマスの命が危険にさらされたことで、アーサーは海底王国ゼベルの王女メラと協力し、空前の海底バトルに身を投じる覚悟を決めます。

DCコミックを原作に製作された実写映画で、今まで見たこともない海底の生物たちが予測不可能な闘いを見せてくれる注目の海底アクション映画です。

世界公開に先駆け上映された中国で同週末の世界興行収入1位を獲得しワーナー・ブラザース映画史上最大のオープニングを記録した超大作が来年日本で公開されます。

アクアマンの注目ポイント

スポンサードリンク

本作でメガホンを取ったのは「死霊館」「ソウ」シリーズで知られるジェームズ・ワン監督です。

基本的にはホラー映画を得意としていたようですが、2015年に公開された「ワイルド・スピード SKY MISSION」を大ヒットに導いたことで今作に抜擢されたと言われています。

スピード感溢れる海中レースも見られるそうなので楽しみですね。

脚本家には「エスター」や「死霊館 エンフィールド事件」などホラー映画の脚本で知られるデヴィッド・レスリー・ジョンソンが名を連ねています。

監督、脚本家、俳優陣も本作ではホラー映画に関わってきたキャストが多いようです。

そして主人公アーサーことアクアマンを演じたのは大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」でドスラク部族の長カール・ドロゴ役を演じたハワイ出身の俳優ジェイソン・モモアです。

鍛え上げられた身体にワイルドな雰囲気がアクアマンにピッタリの配役ですね。

「ジャスティス・リーグ」の時から、とてもインパクトがあったキャラなので映画化されて嬉しい人も多いのではないでしょうか。

本作のヒロインで海底王国ゼベルの王女メラ役を演じたのはホラー映画「ザ・ウォード/監禁病棟」で多重人格者の人格の一人クリスティン役を熱演したアンバー・ハードが抜擢されました。

そしてアクアマンの母親アトランナ役には知らない人はいない数々の賞を受賞した実績を持つハリウッドスター、ニコール・キッドマンが出演しています。

本作でアクアマンの敵になる人類滅亡を目論むオーム・マリウス役には「死霊館」シリーズの超常現象研究家エド・ウォーレン役で有名なパトリック・ウィスソンが出演しています。

「死霊館」シリーズでは妻を守りながら超常現象と対峙する優しい夫役を演じるパトリック・ウィルソンがどんなヴィラン役を演じるのか大変楽しみです。

スポンサードリンク