2020年8月28日公開の劇場版「青くて痛くて脆い」のDVD情報をご紹介いたします。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

「青くて痛くて脆い」の配給元は東宝です。

東宝配給の作品がDVD化されるまでの日程はこれまでの傾向からすると6ヶ月前後となっております。

映画の公開が2020年8月28日ですので、2021年2月下旬〜3月頃にDVD化される見込みです。

こちらの詳細な日程に関しましては後ほどご紹介いたします。

スポンサードリンク

映画『青くて痛くて脆い』のあらすじ

「君の膵臓をたべたい」で一躍有名になった大ヒット作家・住野よる原作の青春映画「青くて痛くて脆い」(通称:くてくて)

主演は、近年立て続けに話題作・ヒット作へ出演している吉沢亮と、若手ながらその演技力で数々の賞を受賞している杉咲花。

住野よる自身が「最高傑作」と語る青春”サスペンス“映画の世界観を、話題の二人が作りあげます。

人との付き合いを避けて大学生活を送る楓が出会ったのは、自分と正反対で、人から「痛い」と思われても理想論を語る寿乃でした。二人は大学内で偶然知り合い、「世界を変える」ことを目的とした秘密結社・モアイを作ります。

しかし、寿乃は楓の目の前から姿を消します。

そして数年後、モアイは意識高い系の大学生たちが集まり、しつこい勧誘を行う就活系団体へと様変わりしていました。

楓は、寿乃が語るある願いを叶えるため、モアイを奪還する計画を立てます。

青くて痛くて脆いのみどころ

スポンサードリンク

「世界は変えられる」と優しく微笑む寿乃とともに、青春の日々を過ごす楓…。

かと思えばシーンは一転「彼女はもう、この世界にはいない」と語る楓とともに、“Bside”がはじまります。

<モアイ>と白板に描かれた部屋の中で、なんらかの書類を巻き散らす楓、「完全黒でしょ」「無事解散」と書き込まれる匿名掲示板、生徒の前で話す寿乃のようすが撮られた動画…。

不穏なシーンが続き、最後は「この青春は嘘」と赤文字で締めくくられるスリリングな予告編となっています。

なぜ寿乃は居なくなったのか、モアイはどう変容していったのか、モアイ奪還計画とはどんなものなのか、そしてこの物語に仕組まれた嘘とはなんなのか。

原作者自身が、「キミスイ」の<膵臓>を壊すために作った青春サスペンス、と銘打たれた今作。どんな衝撃の展開が待ち受けているのか、期待が高まります。

主題歌はロックバンド・BLUE ENCOUNT

「くてくて」の世界を音楽で彩るのは、これまで数々のアニメ作品に楽曲が起用されているロックバンド・BLUE ENCOUNT。

「くてくて」小説版でも、楽曲「もっと光を」がテーマソングに起用されていましたが、映画版も続投。

タイトルは「ユメミグサ」。”夢見草“とは、儚く美しいことから桜の別称として使われる言葉です。

ヴォーカル&ギターの田邊駿一は、この楽曲を「僕から(くてくての)登場人物たちに宛てた手紙のような存在」と表しています。

注目のキャスト

田端楓役(吉沢亮)

近年、実写版「銀魂」シリーズ(2017、2018)の沖田総悟役や、「リバーズ・エッジ」(2018)、
キングダム」(2019)など、話題作への出演が続いている人気若手俳優。

本作では、コミュ障で、吉沢亮いわく「観た人から嫌われそうな役」である田端楓を演じます。

これまでも、明るい役から暗い闇を抱えたキャラクターなどを演じ分けてきた吉沢亮が、この映画をどのようにかき回すのか、注目です。

秋好寿乃役(杉咲花)

誰もが本音を隠し生きる中、堂々と理想を語ることで周囲から「痛い人」だと思われてしまう秋好寿乃役を演じるのは、杉咲花。

「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016)、「十二人の死にたい子どもたち」(2019)では、主役と同じくらいの存在感を放ち、また「パーフェクトワールド 君といる奇跡」(2018)では初主演を果たすなど、その演技力が高く評価されています。

以前から原作者である住野よる作品のファンだったという杉咲花の演じる寿乃に期待が高まります。

天野巧役(清水尋也)

「渇き。」(2014)で小松菜奈演じる主人公に翻弄され人生を狂わされるいじめっ子を演じ、大きく注目を集めた清水尋也。

近年では人気ロックバンドKing GnuのMV「The hole」への出演が話題となりました。

今作では、楓たちが作った秘密結社・モアイを意識高い系の就活組織へ変えた幹部の天野役を演じています。

西山瑞希役(森七菜)

寿乃と楓が出会う不登校の少女・西山瑞樹を演じるのは森七菜。

新海誠監督のアニメ映画「天気の子」(2019)で、ヒロインの声優を演じています。

そのほか、福山雅治や松たか子などが出演した「ラストレター」(2020)では、広瀬すずの妹役を演じるなど、大役が続いています。

スポンサードリンク