2018年10月5日公開の映画「あの頃、君を追いかけた」のDVD情報をご紹介いたします。

スポンサードリンク

DVDのレンタルや発売日はいつ?

【追記】

DVDのレンタル開始・発売日が2019年7月3日(水)に決定しました。

あの頃、君を追いかけた(通常盤) [DVD]

created by Rinker
¥3,307 (2019/12/10 09:47:15時点 楽天市場調べ-詳細)

「あの頃、君を追いかけた」の配給元はキノフィルムズです。

キノフィルムズ配給の作品がDVD化されるまでの日程はこれまでの傾向からすると半年前後となっております。

映画の公開が2018年10月5日ですから2019年4月付近にDVD化される見込みです。

こちらの詳細な日程に関しましては後ほどご紹介致します。

スポンサードリンク

あの頃、君を追いかけたのあらすじ

地方の高校に通う水島浩介はクラスメイトとつるんで馬鹿なことばかりやっては毎日をお気楽に過ごす高校生でした。

ある日、浩介たちのいたずらが過ぎて授業が中断してしまい教師を激怒させることになります。

教師は、今後の対策にクラスで一番優秀な早瀬真愛を浩介のお目付役に任命し、真愛の前の席に浩介を座らせることにしました。

仲間のなかでは中学時代からの憧れの的だった真愛とお近づきになれるのは嬉しくもある浩介でしたが、

居眠りすればペンで背中をつつかれ、勝手に手作りの数学問題を渡してきては勉強をするようにしつこく世話をやかれるため、正直うっとうしくも感じていました。

しかし、ある授業で珍しく真愛が教科書を忘れてきてしまったことで浩介は真愛をかばい自分が忘れたことにします。

その件があってから真愛は自分と価値観の違う浩介に興味を持ち始めるようになりました。

浩介も真愛のことが好きになりますが、自分に自信のない浩介は告白することができないまま、高校卒業と同時に別々の大学に通うことになり、仲の良かった仲間ともバラバラになってしまいました。

物語の設定は2000年代から現在になっているため、その当時に流行った曲や、出来事もストーリーに盛り込まれ、見るものを懐かしいあの頃に誘うにくい演出をしています。

浩介の恋はこのまま自分の中だけにしまわれていくのか、見ている側からしたら相思相愛は確実なのになぜ告白しないのか、ちょっと浩介の自信の無さがもどかしくて切なくなってきます。

些細なことも過敏になる分、ちょっとしたことが最高の喜びにもなる果敢な年齢の若者たちをみているとどうしても、

自らの懐かしい日々が蘇ってきて、その甘酸っぱさがまたこの映画をみる上でのよいスパイスになってくるのだと感じます。

あの頃、君を追いかけたの注目ポイント

スポンサードリンク

2011年に公開された台湾映画で、監督は新人、俳優は無名の作品でありながら観客動員数200万人という驚異の大ヒットを記録し話題になった「あの頃、君を追いかけた」の日本版リメイク作品です。

このストーリーのもともとの脚本は自伝的小説が元になっているため、互いを思う気持ちがありながら、

10年間もすれ違い続けた2人のリアルな心理描写と、映画のための結末というものがないことが最大の魅力になっていると思います。

本作の監督・長谷川康夫は1990年公開映画「バカヤロー!3 へんな奴ら」で映画監督デビューを果たしましたが、

元々は脚本家としての仕事がメインだったようで2005年公開映画「亡国のイージス」、2006年公開映画「地下鉄(メトロ)に乗って」にも脚本家として参加しています。

本作は監督デビュー作から3作目に当たりますが、数々の脚本を描いてきた長谷川監督独自の世界観が映画の中にどう生きてくるのか楽しみです。

主演の山田裕貴は2017年公開映画「亜人」、2018年公開の衝撃の話題作「万引き家族」にも出演している期待の若手俳優です。

山田裕貴はオリジナル版をみて感情が揺さぶられ久しぶりに泣いたと感想を述べていて、その世界観を壊さないように注意しながら演じたと語っています。

そして本作のヒロイン役を演じている齋藤飛鳥はアイドルグループ乃木坂46のメンバーで本作が初映画出演です。

優等生で世話焼きな一面を持ちながら、どこか儚げで透明感のある可愛らしい早瀬真愛役を見事に演じきっています。

映画を盛り上げてくれる主題歌はThinking Dogsの新曲で「言えなかったこと」が採用されています。

映画のテーマでもある後悔を引きずる気持ちをサビの部分に詰め込んだラブソング・バラードになっています。

原作の瑞々しさはそのままに、日本の旬の若手俳優が集結して色鮮やかに生まれ変わった甘酸っぱくてピュアなラブストーリー「あの頃、君を追いかけた」は2018年10月5日から全国劇場で公開予定です。

スポンサードリンク